WEBで予約

斜視

眼球を動かす筋肉(眼筋)のバランスが悪く、左右の目が異なった場所を見てしまうため物が二重に見える(複視)症状をきたします。斜視があると物を両目で同時に見る機能(両眼視)ができなくなったり、小児の場合では視力の成長が妨げられてしまう(弱視)こともあります。治療としては筋肉が眼球に付着する場所を移動する手術を行ったり、強い遠視や近視がある場合は眼鏡による矯正、またプリズム眼鏡と呼ばれる光を曲げる特殊な眼鏡で左右のバランスを取ったりします。

*麻痺性斜視:眼球を動かす筋肉(眼筋)が麻痺してしまい、物が二重に見える症状(複視)をきたします。原因としては糖尿病による神経麻痺、時には脳腫瘍や脳動脈瘤といった重大な疾患が原因となることもありますので急に複視が生じた場合は急いで眼科を受診しましょう。

*共同性斜視:眼球を動かす筋肉(眼筋)のバランスが悪く、左右の目が異なった場所を見てしまうため物が二重に見える(複視)症状をきたします。斜視があると物を両目で同時に見る機能(両眼視)ができなくなったり、小児の場合では視力の成長が妨げられてしまう(弱視)こともあります。治療としては筋肉が眼球に付着する場所を移動する手術を行ったり、強い遠視や近視がある場合は眼鏡による矯正、またプリズム眼鏡と呼ばれる光を曲げる特殊な眼鏡で左右のバランスを取ったりします。

電話・WEB予約受付 受診の流れ

WEBで予約

診療時間

午後 10:00〜13:00,午後 15:00〜19:00

土日祝 診療木曜日休診
カレンダー
※診察終了30分前(初めて眼鏡やコンタクト作成希望の方は1時間前)までにご来院ください。
※土・日・祝日は日帰り手術可能です。
※火曜日は往診日になっており、一般外来診療は行っておりません。
※診療カレンダーは、学会等で変動する可能性がございます。お知らせをご確認ください。
※社保・国保・生保 各種保険取扱い
※往診対応しております。ご希望の方はお電話ください。
※English speaking doctors are available.
アクセス

〒240-0065
神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-11-17 2F
相鉄線和田町駅から徒歩3分